CT検査(本日2個めの日記)

今日は、治療終了後5ヶ月目のCT検査の日でした。

CT受付窓口へ、伝票を出しに行きました。

窓口前にある長いすに、帽子を被った、抗癌剤治療中と思われる、歳は70前くらいの女性が座っていました。

そのおばさん(と呼ばせていただきます)は、明らかに私を見つめていました。

人を挟んで凝視でした。

仲間だわ。。。と思われたような気がしました。(´ο`)あるいは、あんな若いのに癌なのかしら。。。と思われたのでしょうか。(※32歳)

帽子が裏表じゃないのかしら、とかかもしれませんし、近所の人とそっくり、とかかもしれない。。。何を思われたのかは本当のところわかりません。

・・・CTは、撮影時いつも目を閉じて受けるのですが、今日は閉じずに見てしまいました。

いつもは、「地下鉄が動き始める時の音みたい・・・」と思っていました。

でも、目を開けるとファンファンという音と共に、赤いランプがぐるぐる回転しているのが見えました。

私の寝ている台の、あのCT寝台の通る大きな穴の内側を、赤いランプが左から右へ、ぐるぐる回っていたのです。

動くランプを目で追ってる所を、技師さんや看護士さんに見られたら恥しく思えたので、目はちがう場所に集中しました。

造影剤が入って、小刻み撮影も無事終了して、採血後、その結果は。。。診察までは、もしかしたら。。。と、考えたりもしましたが、異常なしでした、良かった。

「髪は、どれくらい生えたの?」と先生に聞かれて、帽子を取ったら、先生は「早いね(^▽^)」とおっしゃいました♪

(「若いね」とも。。。)2cmぐらい、生えました。

人気blogランキングへよろしければ、クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

★☆本☆★

悪性リンパ腫になってから、夫と母が買ってくれて、読んでみた本です。

病気は自分で治す(安保徹)

安保徹の食べる免疫力(安保徹)

ガンに勝つための全知識(クリス・ウーラムズ)

Dr.とおの“新”医学(星野十)

安保先生の本では、現代の治療方法だけではなく、その人の生活全般から見直すことが、健康に繋がるということを沢山学びました。

((φ(..。)♪♪♪

人気blogランキングへよかったら、クリックしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乳がん検診

今日は、乳がん検診に行ってきます。

かかりつけの病院では、血液検査やCT検査、子宮ガン検診は定期的に、否応なく、することになっているけれど、乳がん検診や、その他検診はプランに入っていないので、以前先生に、「普段の検診は自分で定期的に」するように言われたので、地元の乳腺(?)専門病院に予約を入れました。

受診者が多いのか、2週間前の予約で今日受診です(´_`)

電話で、乳がん検診希望してると言ったら、紹介ですか、保険適応ではないけどいいですか、と言われたので、癌を患ったことがあると言ったら、保険適応でした。

朝ご飯を食べていると夫が、新聞の、未出産は乳がんリスクが2倍というところを読んでいたので、 「見えたよ(゜ο゜)なになに」と聞いたら、ご飯がまずくなるのであとでねと言われました。あとで読んだら、初潮を迎えた年齢が「14歳未満」のグループは「16歳以上」に比べ乳がんリスクが4倍(でもこれは多くの女性が当てはまるんじゃないのかな( ̄-  ̄ ) )、身長が「160cm以上」は「148cm以下」に比べ、閉経前で1.5倍、閉経後で2.4倍とあります(22日朝日新聞より)

とりあえず、全部あてはまって2×4×1.5=12倍ってことか~(ToT)

考え方は間違ってるのかもしれないけど、今日、それも今から検診でよかった☆

行ってきます(・_・)ノ

人気blogランキングへよかったら、クリックしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病気の原因について

病気(私のなった悪性リンパ腫)の原因について考えると、一番に挙げられるのはストレスなんだろうか?と思います。

 びまん性大細胞性B細胞性リンパ腫は、ウイルスが関与していないリンパ腫だし、そうするとストレス免疫系に無理が生じて、結果からだの中で生まれているガン細胞を処理できなくなって、それで出来てしまったんだなぁ、と思っています(本から)。( T _ T )

 ガン化したのはたまたま免疫系において抗体を産生するBリンパ球だったということです。( ・_・)ノ凹" でも正常なBリンパ球もちゃんといてくれるから、大丈夫。

それにしてもストレスに負けるなんて、かわいそうだなぁと思います。

ストレス大きかったのかな?

 本当のことはわかりませんが、主に職場で様々なストレスを感じていたことは事実です。

再びストレスが入ってきませんように☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

カミサマ! ( ̄人 ̄)
(。-_-。)/。・。・゜★・。・。☆・゜・。・おねがい

人気blogランキングへよかったら、クリックしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そういえばCT検査☆

最近リンパ腫の記事を書いていなかったので。

化学療法8クール目が10月31日(昨年の話ですが)に終わって、11月に治療1ヶ月後のCT検査がありました。

私の場合は月単位で進む中悪性度リンパ腫だったので、なんだか試験を受けてその成績発表を待つみたいな気分を味わえました。

結果は異常無しでした、良かった~( ̄▽ ̄)というか、当然。

先生は、私の喉周りのリンパ節を触って、「大丈夫ですね」と言いました。

触ってわかるぐらいだったら、相当怖いんですけど。

大丈夫で良かった♪

SAIHATSU・・・治療終えたばかりの時にはこの言葉に敏感になってましたが、周りから「SAIHATSUしないように気をつけないとね」とか、励ましてもらっても逆になんだかその言葉でテンションが下がるなんてこともありました。

意外と繊細なのかもよ。(自分)

次のCTは3月に予約が入ってて、ということはもう3ヶ月ごとの検査でいいって事だから、そんな時間的小刻みに検査しなくてもいいのはSAIHATSU可能性無しと思われてるって事なんだと安心しました。

もう癌細胞、出てきたらイヤだからね~!(>_<)と消えた彼らに言い聞かせています。

日々ストレスを感じないこと、ビタミンやミネラルを沢山とること、体を冷やさないこと、これらには気をつけています。

夫が買った本(ガンに勝つための全知識~クリス・ウーラムズ著、病気は自分で治す~安保徹著)に書いてあったからです・・・NK細胞が、○ん細胞を食べるために心がけます。

ほかにも沢山あるけど、とりあえずすぐ生活に反映できそうな点です。

人気blogランキングへブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いします

| | コメント (6) | トラックバック (1)

風邪で病院に行く

年末から止まらない咳のために、昨日病院受診してきました。

前の日に休日当番医を調べ、行ってみると「本日休診」とありました。

なぜならば、”前の日の当番医”に行ったからです(・□・)!

そして、本当の当番医を調べ、いざ受診!

混んでると予想して行ってみると、待ち合いに一人だけでした。

問診も何もなく、すぐ診察。先生は、お薬を出しますね、と言ったけど私はその前に既往歴とか聞いて欲しかったので「今薬飲んでるんですけど」(・□・)と言ったら、

先生「何飲んでますか」

私「バクタです」

先生「ふーん。。。」

私「化学療法して、そのあとだから、市販の薬飲んでいいかわからなくて・・・」

先生「・・・咳止めと、抗生剤、だいじょうぶでしょ?」

なぜ疑問形?だけどなぜか「はい」と答える。

それで、処方箋渡されかけてると、看護士さんが走ってきてそれを遮って、「すみません、さっきの話なんですけど、喉の手術はいつでしたか?」と、取ったものは何か、化学療法はどうやってしたのか(これ意味わからなかったけど点滴でしましたと答えた)、今妊娠していないか、と聞かれたけど、病名は聞かれなかった。(’へ’)ムー

看護士さんはまた先生のとこへ戻って、しばらくしてOKでました

病院で病名も聞いて欲しかったのにな。と思いながら薬局で、

私「今、バクタ飲んでるんですけど、飲み合わせとか、大丈夫ですか」と聞くと

薬剤師さん「ガスターですか?」

って言われた。

「バクタなんですけど、先生に言って、処方されたから、大丈夫だと思うんですけど、一応聞いてみました(・▽・)」と言ったら、薬剤師さんは、

「それは除菌で使ってるんですか」と言われた。

私「菌はいないんです、化学療法して、それで免疫抑制になってるから、1年間、飲むように言われているんです」と言ったら、薬剤師さんは、 「一年間、一年間。。。」つぶやいたあと、

「一年間?そうですね~(-"-;) ちょっと待っててください」と、眉間に皺を寄せて、何やら辞書のようなものを片手に奥に入って行きました!Σ( ̄□ ̄;)

飲んじゃいけないの。。。と思ったりして待ってると、「先生にもう一度確認してみましょう」

って、うーんいいけど、スミマセンお願いしますって思いで待ってると、「大丈夫です、(先生は)わかってたようです」

と言われました(^o^;)

なんか珍道中って感じでした。

- - - - - - - - - -

バクタ:私は抗菌剤として現在服用中。

人気blogランキングへブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

病気がわかったとき 2

今年が終わり、過去のことになってしまう前に、今年あった事を少し書いておきます。

初めての診察は平成18年4月の金曜日でした。先生は、私の首にある腫瘍が、唾を飲んだ時に動くかどうかと、咽喉の中を診て、それで月曜にエコー検査が予約になったし、私は触診で腫瘍が動くから(動く&痛くないと良くないから)、悪性だったらイヤだな~(ー.ー") 思いました。。。 

エコーの結果、針生検が予約になって。。。

検体が、標本になり、それを自分で見た時、、、。

!(Ф_ゝФ)!吃驚

まさか。悪性かも。と思いました。(ToT)

私はふらふらした足取りで細胞検査士さんの判断を待ちました。。。

「○○さん(私)の?・・・これ、リンホーマ(リンパ腫のこと)だよ!」|ω・´)ムー━━━━━━( ̄□ ̄;)!!!。。。 悪いってわかったときでした。

紹介先へ入院、5月1日に手術しました。

初めは「バーキットリンパ腫の可能性も否定できない(`・ω・´)」と担当の先生に言われて、私は結果が出るまでがとても不安でした。

病理検査の結果、細胞分裂が盛んなタイプだということを先生から言われました。

結局、私のリンパ腫は、びまん性大細胞性B細胞リンパ腫(Ⅰ期)だったけど、初診から1ヶ月位はまだ悪性リンパ腫としかわからなかったので、病名がまだわからない間、すごく不安でした。

結婚式2ヶ月前なのに。。。゜(゚´Д`゚)゜。 (一応幸せのサムシングブルーを意識してみました) 

 あとどれくらいの命なのかわからなくて、覚悟していました。

夫も、多分、色んな結末を覚悟したことと思います。(;_;)

でも私、病気には負けたくないなぁ~☆(* ^ー゚)ノ

人気blogランキングへもしよろしければ、クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

通院

家から病院まで片道一時間半です。

病院での化学療法は、一人で運転して来ないこと

と始まる前に先生に言われていました。なので治療にかかる通院はすべて夫と

母に仕事の休みを合わせてもらって、付き添ってもらってできた。

 仕事をしながら、自分の休みを私を病院へ連れて行く日にし、そんな生活を半年間も、大変だったろうと思います。・・・点滴は4時間~5時間近くかかるのに、いつも

やさしく付き合ってくれた夫と母、ありがとう。

 せっせと運転し、ときには数時間も待つ二人にくらべ私は、CHOPの帰り道は体が

きつかったけどそれ以外はまるでドライブ気分♪(´▽`)let's go~

リツキサン入ったらすごい眠気で点滴中いねむり。(-_-)Zzz何故でしょう、リツキサンのあの眠気は。

点滴の後は、遅めの昼食をとるのが楽しみだったりして、「今日はどこで何食べよう」とか考えるのが、本当に楽しみでした。(点滴中も飲み食い

)^O^( 最近太りました☆

人気blogランキングへもしよろしければ、ポチッとおねがいします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ダブル・キャンサー☆

思い出したら書いていきますと言い、ブログ、始めたのはいいのですが、何から書こうか迷います。

夫に相談したら、項目のように見事に列挙してくれたけど、それを丸ごと私は覚えていない。(化学療法で脳細胞が・・・?聞いたことないけど☆)

日記がそのまま順序よい記録になれない。(治療は5月~10月に行われました。)

もし、読んでいてくださる方がいらっしゃるなら、知りたいこと・別にどうでもよいこと が私にはイマイチよくわからない。

それなら私はどうでもよいこと を、延々書いているのか・・・?ヒットしているのか・・・?

わからないけど、これからもよろしくおねがいします♪

昨日思い出したこと♪(^▽^)

私は、悪性リンパ腫(びまん性大細胞性B細胞性リンパ腫(Diffuse Large B cell Lymphoma:DLBCL)Ⅰ期) だとわかったのは2006年4月ですが、2005年2月に一度子宮頸ガン(0期)手術しました。

0期だったので化学療法がなく、不幸中の幸いだったのですが、今も定期検診がある。

ちょうど、リンパ腫がわかったころ(手術の数日前)に婦人科検診があって、先生が、「じゃ次の検診は、○ヶ月後で。いいかな」と言ったので、私は実は二週間前から喉が腫れて悪性リンパ腫が疑われて手術することになったと話した。

すると先生は、「え!そうなんだ。大変だね、まぁダブルキャンサーの患者さんは、うちの患者さんにもたくさんいるけど、まだ、若いのに・・・云々」

とおっしゃった。

私は、その、ダブルキャンサーというあまり聞き慣れない言葉(なのに今の私が抱えた2つのガンをガッチリ表現する言葉)に妙に感心☆

さっそく夫と実母に、私がダブルキャンサーだという先生とのやりとりを話したら、あまり(イヤむしろちっとも)感心されずに、別に言わないでもよかったかナー。

みたいな気持ちになった。(・・;)ヾ

周りは心配してくれているのだから、あらためて(本人から)言い直さなくてもよかったんだね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病気がわかったとき

病気になったとき。私は病院で働いていた。

病院の仕事は大体5時半~6時過ぎに終わり、土日は休みだけど当番があったのでそれ以外の週末は彼(現・夫)とデートしていた(*´`*)。

彼は平日仕事をしていて、お互いの家は車で一時間半の距離があった。(私たちは、6月に結婚予定だった。)

急な喉の腫れに気が付いたのは、4月だった。鏡を見ていて、首の喉の部分が喉仏のような感じで、少しだけ前に出ているように見えた(´`?)。私の腫瘍は、右側の頚部・甲状腺に乗っかるような形で出来ていた。

腫れの大きさは約2~3cm、首を触ると指に触れて、触ったときのまるで喉仏のような感触は、まだ覚えている。

腫れの大きくなるのがわかって、怖かった。

「今すぐ病院で診てもらった方がいいと思う。時間外でも」と私の喉を見た同じ職場の人からいわれた。(時間外なのに?時間外料金つくよ。高くない?別に、痛くもかゆくもないんだけど・・・)一週間で腫れは、大きくなっていた。よく見ないとわからなかったけれど、触ると成長がわかった。

なんだか思い出すだけで、また喉に腫瘍が出てきそうな気がして、だからこの辺で今日はやめときます。

つづきはまた書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)